あなたを助ける法律知識

お役立ち法律知識をご紹介

私たちを守る法律

without comments

わたしたちが身を置く社会には、多くの法律があります。
書店で売られている「六法全書」はその一部を抜粋したものにすぎません。
本来はさらに多くの法律が存在し、今もなお追加されています。
一般的な感覚でいうと、刑法や道路交通法などの刑罰を定めたものを想像しがちかもしれません。
ですが実際は当たり前のようなことが、そのルールを基にして行われているという例が多数あります。

たとえば、公共サービスの類はすべて規則が定められています。
裏を返せば、定められていないことを勝手にしてはいけません。
刑罰を課すようなことは、事前に予測していれば罪にはならないのです。
新しい問題が起こるとそのたびにつくられる、まさにいたちごっこのようなことが繰り返されています。

きまりが増えていくのは、直接関係がない場合も息苦しい気になります。
しかし、何のきまりもなかったならと考えると、さらに不安になるでしょう。
だれもが身勝手に振る舞うことが許されれば、社会全体が混乱します。
自分の身を守ることを考えなければ、安心して生活できません。
公共の場では、ある程度の約束事を前提にしておくことが必要です。
事前にルールを公表すれば、その都度で約束事を決める手間もなくなります。
社会が健全で、円滑な活動をするための基礎として、法律は今日も機能しています。

Written by cJ7Wup74

10月 15th, 2014 at 1:00 am

Posted in